うちの子 らむ+めい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

捨てないことから・・・



一つ前の記事にドックシェルターへの
フード寄付キャンペーンに参加した事を書きました。

ちょっとでも多くのワンコのお腹が満たされますようにと。


kako-LG02iycpMl3Jl546.jpg
文章と写真は関係ありません


でも・・・・・・

本当はそれ以前の問題なんですよね!
シェルターに入る子を無くす事から始めなきゃ!!


実際に保健所で殺処分される子達のお部屋を
見たことがあります。
一日毎に部屋を移動して行き
最期はガス室へ入れられるというシステムです。


kako-tYNr0ZfTUwb696Z8.jpg

kako-KOrcSwFWtDC7Iw9t.jpg
文章と写真は関係ありません



あるブログの
ある動画を観るまでは
ガス室ではみんな眠るように亡くなって逝くもんだと
勝手に想像していました。


虐待を受けて苦しんできた生活から
解放されて静かに虹の橋へ逝くんだよね・・・。


そんな風に思っていたの・・・・。


しかし現実は違っていました!


ワンコが保健所に持ち込まれ処分されるまでの
一部始終をノーカットで映した動画では
ガス室内で もがき苦しむ子達が映し出されていたんです。


眠るように・・・・なんて・・・・嘘よ!!!


全身が痙攣して口がパクパクして
苦しんで苦しんで もがいて・・・・・
活字で表現出来ない苦しみ様です。


長い時間苦しんで・・・・・


どうしてこんな最期を迎えなければいけないの?



当初、この動画を観た事を後悔しました。
それ程強烈なモノだったから・・・・・。

でも、飼い主の責任として知っておく必要は
あったのかもしれません。



私はこう思います!


保健所に我が子を置いて行った方は
我が子の最期(ガス室での様子)を見るべきだと思います。

自分の身勝手でありえない苦しみをあじわって
亡くなって逝く我が子の最期を目に焼き付けるべきよ!

保健所側もそれを義務化したら良いと思う。

そうすると今度は山に捨てたりするのかな?



先ずはうちの子にお迎えする前に
家族全員で話し合いましょう!
一人でも反対の人間が居る場合は
お迎えすべきではない。

一人暮らしの方はご自分の健康にも
十分気をつけましょう!!


私もらむめいの親として最期まで
責任を持って育てていこうと改めて思いました。
当たり前の事なんだけどねっ!!!!!


kako-X7QxAe7WhSZO0vId.jpg


らむ、めい、ずーーーっと一緒だよ!



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。